下駄マジック!!

 

ジャスミンベリーのレッスンでは、下駄を多用しています♪

写真は二枚歯の下駄。

 

現代の人達からすると、下駄は「頑張らないと履けない」物に見えるみたいですね。

履けば分かりますが、頑張って履くと歩けないんです。

むしろ、洋服や靴の方が、頑張らないと着れないです。→「力み」の原因にもなるかも…

下駄を履くだけで、姿勢も良くなり、歩みが綺麗になり、重い物を持っても歩けるようになります!

ジャスミンベリーでは、皆さんベリーダンス体験日初日に、すでにニーシミーが出来るようになっています!!

ベリーダンスを楽に気持ち良く踊るためには、日本古来の身体の使い方が、とても理に叶っているんですね♪

オンラインで忍術のお勉強♪

過去参照ブログ:「忍者合宿で修行!!」

 

自粛期間中、忍者の青龍窟先生が、オンラインで忍術入門講座を開講なされました。(毎週土曜日14:00〜15:00。zoom入室方法などは、私のツイッターにてリツイートでお知らせしています。)

毎回PayPay等での投げ銭制で、どなたでも参加する事が出来ますよ♪

 

第3回目では「九字護身法」を完成させるため、手指を柔らかくする方法も教えて頂きました

手指がポカポカです♪

思考と手指の柔らかさは繋がっているそうなので、印の美しさを磨くと同時に脳トレが出来ます

ジャスミンベリーも手指の美しさにこだわりがあります。

日本人ならではの美学ですね…☆

「闘」の印

 

第4回目では、忍者の必携道具「忍び六具」のお話でした。

農具でもある「なた」は、忍術書にも記述があるそう。

日常の、どんなものを使ってでも戦える構えがあるみたいです。

水戸黄門でお馴染みの「印籠」も、薬入れであり、忍び六具の一つでもあります。

 

九字護身法など、ベリーダンスにも生かせる忍術・武術は、これからもレッスンに取り入れて参りたいと思います♪

古代エジプト人達もヒモトレ♪

ツイッターで、整骨院の先生とお話していてピンと来た事が!

当時の古代エジプト人達の格好を考察してみると、ゴムのないゆったりとした服、そして腰に何か紐を巻いています。

私は、感覚的にヒモトレとベリーダンスは相性が良いと思って取り入れていましたが、当時の人々の格好を鑑みると頷けますね!

ベリーダンスは、このような格好だからこそ出来る動きなんですよね♪