2020年は韓氏意拳の学びが深まった年

2020年は、韓氏意拳の学びが多い年でもありました。

私が最初にヒモトレを教えて頂いた古谷先生が、茨城でのヒモトレと韓氏意拳の講座を、定期的に開催して下さったおかげです。

ヒモトレ考案者・小関先生が、いつも山形から茨城へ来て下さっています。

 

韓氏意拳とは、中国武術の1つです。

動作のおこりについて観察出来、味わえる、感覚の世界です。

紐ナシのヒモトレのような感じがします。

スター・ウォーズの「フォース」のような感じもしますネ♪

ブルース・リーの言う「エモーショナル・コンテント」の部分かなぁとも思います。

「考えるな、感じろ!

それは月を指さすようなものだ。

指ばかり見てちゃ栄光は掴めないぞ」

という言葉を、この身で体感出来ます。

 

私自身のベリーダンス上達に役立つ事はもちろんですが、生徒さん達に教える時にも生かされています。

「先生と同じ動きのようで違うのはナゼ?」

の部分ですね。

踊り方のクセは各個人あって当然だと思いますが、「自分らしくない踊り方」は、きっと気持ち良くないですよね…

 

見つけて下さい。

自分だけのエモーショナルな踊りを

私も追求しています。