「背面」を使えるかどうか?

ベリーダンスを教えていると、腰も手の動きも「背面」が使えるかどうかが鍵なような気がしています。

「歩く」動作で確認してみると、後ろ向きでスタスタ歩くのが、なかなか難しいみたいですね。

「背面」というと、範囲が広くて意識しづらいかもしれません。

まずは、「坐骨」と「かかと」を感じる所からはじめるのはいかがでしょうか?

(背中は、ヒモトレの紐に任せて♪)

踊る時だけを指しているのではなく、日常中からですよ!

きっと、見える世界までも変わると思います☆