韓氏意拳は感覚の世界

韓氏意拳1日目。

毎回簡単に手を上げる事が出来ません。泣

それは、自然に発生する動きには再現性がないから。

 

このホワイトボードの意味をお分かり頂けるでしょうか?

 

上の写真は、健身功の1つ。

鳥が枝にとまるような動きのモノです。


韓氏意拳2日目。

韓氏意拳の形を例えるなら、沸騰したヤカン。

見た目は「静」でも、中はグズグズと煮えたぎり、今にも動き出しそうな「動」の状態。

手を出すと同時に引こうとしている=「争力」が働いている。

自分で「動かそう」とすると、それは違う動きになる。

イメージは、糸に引かれるような手

今回も、あるものを手放し、感覚を研ぎ澄ませて未知を探り、己を観察しました


 

韓氏意拳は感覚の世界なので、説明が難しいです。汗

スターウォーズの「フォース」と例えれば、イメージしやすいでしょうか?

フォースは我と共にあり 我はフォースと共にある