「ただの動作」と「観察する視点」

「準備運動」

武の世界でもスポーツでも、準備運動は必要なのか不用なのか、よく論じられていますね。

個人差があるので、やはりこれも自分の身体と対話し、本番のパフォーマンスが上がるならやった方がいいし、下がるようならやめた方がいいし、変わらないなら再考してみるといいんじゃないかなぁと、個人的には思います。

武の達人が「寝起きに襲われても大丈夫なよう、いつでも動けるように稽古しておくものだ。」という姿勢は、カッコ良くて、個人的には好きですけどネ♪

今までのジャスベリは、腰技のレッスンに入る前に、準備運動をしていました。

今まで自分が教わってきたものや、バレエで行っていたストレッチなどを取り入れたものでした。

しかし…あまり生徒さん達の身体に、変化が現れていない気がしました。

それどころか、ただの「動作」になってしまっている所が気になっていました。

そんな時に出会ったのがヒモトレでした☆

ヒモトレは、紐に任せて身体を動かせば良いのですが、自分の本来の力が発揮されるので、自分が思っている以上に身体は動き、かつ、紐アリ・ナシのBefore&Afterも即体感出来るので、自然と自分の身体の声の聞き方が分かるんですよね♪

気持ち良く動け、かつシンプルな動きなので、身体の声を聞く余裕も生まれるのかもしれませんね。

そうです!

ヒモトレを導入した事により、ただの「動作」だったものに「観察する」という視点が加わったのです!(そこで得られる情報は、各々の身体感覚のレベルと比例しているかと思います。)

準備運動が有益なモノとなりました♪