目線を内側へ。目線を外側へ。

「どこの骨を使っているのかな?」

「この動作をする時、脚の筋は痛くないかな?」

「どんな風に手を上げようかな?」

 

など、「自分の内面」を深く掘り下げる事も大切ですが、意外と

 

「自分の周りには「空気」がある」

「剣などの道具を使う」

「あの光を掴もう」

 

など、「自分の外側」に目を向けると、自分の動きも変化するものです☆