目に見えないものを空間に表現する

「目に見えないものを空間に表現する」

 

踊り手の身体一つで、舞台上に世界が現れる。

言葉がなくても、どの国の人でも、老若男女、みんなが「見るだけで」伝わる

 

「手を上げる」動作一つでも、踊り手の「意」次第でこんなにも動きが変わる。

道具を扱う時もそう。

道具が身体の動きを導いてくれる

 

舞台上でいかにして「自然な動き」を、自らの中から引き出して表現するか?

韓氏意拳で、踊りやヒモトレ、さらには人間についての興味や理解が深まります