「Remote水戸黄門まつり」にて期間限定公開中!

「Remote水戸黄門まつり」にアップされた、2018年度の公演「ヤマタノオロチ」をご覧になって下さった方々、ありがとうございます♪

 

〜ネタバレあり・制作秘話〜

今回は「古事記」より、高天原から追放されたスサノオが、出逢ったクシナダ姫を守るため、ヤマタノオロチと闘うというシーンを、ジャスミンの解釈や演出を加えて創り上げました。

①いざオロチ討伐へ
②ヤマタノオロチとの闘い
③天叢雲剣を授かる
④祝杯

この4幕で構成されています。

(クシナダ姫は櫛になってスサノオを守るのですが、①で「櫛」のジェスチャーがあった事はお分かり頂けたでしょうか?)

 

毎作品、カナリ苦労するのが「選曲」です(泣)

ジャスミンの特徴であるストーリー展開の手法「シアトリカル・ベリーダンス」は、自分のイメージする世界観の曲を、星の数ほどある曲の中から探し出し、編集して繋げます。

 

登場する薙刀は「演出」です。

本当は「十握剣」でヤマタノオロチを倒すのですが、私1人のステージングや、大きなものと闘っている様子を出したかったため、薙刀を使う事にしました。

この薙刀は、知り合いのおばあちゃまに薙刀の達人がいて、作品創りのお話をした所、快く薙刀を貸して下さいました。

世界ではじめて、ベリーダンスに薙刀を取り入れる事に成功しました!

 

そして③幕にて、倒したヤマタノオロチの尾から出てきた剣こそが、三種の神器である「天叢雲剣」です。

これは、私の愛用舞踊刀が演じてくれています♪

 

作品を創るにあたり、様々な古事記を読みましたが、この小野寺先生の「ラノベ古事記」は、現代の私達もおもしろ楽しく読む事が出来てオススメです♪

 

「神様を演じる」との事で、スサノオ様が祀られる、埼玉県の「武蔵国一宮・氷川神社」にもお参りに行きました。

ちゃんと、スサノオ様からお許しを頂いて参りましたヨ♪

 

衣装も、作ったりリメイクなどを施し、私のイメージするスサノオ像に仕上げました。
(実は、ベルトには氷川神社で購入したお守りが付いています。)

 

ヒモトレや海老原先生のアドバイスで、楽に気持ち良く踊れる身体の使い方や、身体の面白さ大切さに目覚め出した頃の踊りです。

私の踊りを観て、「自分の中で何を感じたか」を大切にして頂ければ、ダンサー冥利に尽きます。

2020年8月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Jasmine

水戸黄門まつり無事に終了!

今年も、無事に黄門まつりでの公演を終える事が出来ました。

南町一丁目商店会の皆様、スタッフ、出演者の皆様、暑い中大変お疲れ様でした♪

 

 

 

お祭りの中、佇むジャスミン笑

 

 

水曜クラスも振付創作を頑張りました♪

 

小学5年生のRinは、初めて振付創作に挑戦し、立派にソロを踊りきりました。

 

今年から新たにジャスミンベリーの仲間に加わり、初めて舞台に立った生徒さん達も頑張りました♪

 

海老原先生のご指導のおかげで、より力強く、よりカッコ良くなった「ヤマタノオロチ」。

武術に由来する日本的な身体の使い方のおかげで、今までで一番気持ち良く踊れたと思います。

(観客の方から質問があったのですが、「古事記」の記述では、ヤマタノオロチ退治に使用した武器は、薙刀ではなく「十拳剣(トツカノツルギ)」と呼ばれる剣です。

しかし、その次にヤマタノオロチから出現した「天叢雲剣(アマノムラクモノツルギ)」で踊るシーンと重なってしまうので、あえて薙刀を使用しました。)

 

フィナーレでは、みんなでお揃いのベールで舞いました♪

 

ご来場、誠にありがとうございます♪

 

ユミエ先生&ミリア&ジャスミン

以前、ジャスミンベリーに所属し、「いばらきキッズステージ」で優勝した経験を持つミリアは、今は違うジャンルのダンスに励んでおります♪

ジャスミンベリーの後に、ミリアが所属するダンスチームが登場しました。

このダンスチームは、コンテストでなんと世界一になり、優勝賞金50万ドルを獲得しました!

今後も応援しております♪

 

公演後は、大工町にある知り合いのお店「Guri Guri」で打ち上げ♪

とってもおいしいお料理でした♪

 

2018年8月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Jasmine

パッチテスト初体験!

ベリーダンスに限らず、舞台に立つ人にとって、メイクやスキンケアは欠かせない物ではないでしょうか?

この記事が、皆さんの参考になればいいなと思います。

 

ジャスミン…皮膚科にて「パッチテスト」を受けてきました!

経緯は、春先に突然、顔・首に皮膚炎・かぶれ・肌荒れが発生し、皮膚科で塗り薬を処方されましたが思うように治らず、皮膚科の先生から「パッチテストを実施しましょう」と言われ、生まれて初めて「パッチテスト」を体験する事になりました。

「パッチテスト」とは、現在、自分が使用中のシャンプー・洗顔・ボディーソープ、化粧品類をパッチに取り、それを腕や背中に貼ったまま、48時間後に肌の状態がどうなっているかを調べるものです。

(私は腕に貼りました。貼っている最中は、掻いたりこすったり、入浴する事は出来ません。現在使用中の物にアレルギー反応が出た時のために、次に使用を考えている物も準備し、それもパッチテストを行います。)

 

結果は…なんと!?

長年使用している洗顔フォームと、花粉症のアレルギー用の目薬2種、舞台メイク用の紅を貼った部分の皮膚が赤くなっていたのです…

皮膚科の方が足してくれた、皮膚科でも販売しているノブの洗顔も、ミノンのボディーソープにもアレルギー反応が表れていました。

(同メーカーでも、ノブのスキンケア類、ミノンの洗顔には反応はありませんでした!)

その他、意外な事に普段メイク用のコスメ類に反応はありませんでした。

 

パッチテスト前に、看護師さんから「シャンプー、石鹸、洗顔、ボディーソープ等の洗浄系で、よくアレルギー反応がおきますよ」と伺っていましたが、正にそのような結果に…

アレルギー反応のある洗顔フォームで顔を洗い、アレルギーで目がかゆい所にアレルギー反応のある目薬を点していたという、正にアレルギーのレイヤー状態だったわけです…(驚愕)

更に、皮膚科で売っている程、肌に優しいメーカーで同じみの「ノブ」の洗顔に代えても、私の場合はアレルギー反応を起こす所でした。

 

パッチテストをしないと分かり得ない事ばかりでしたね…

当たり前ですが、アレルギー反応には個人差がすごくあります。

肌荒れがなかなか治らない、クマが濃くなった等のトラブルを抱えている方、もしかしたら私のようにアレルギーが原因かもしれませんよ!

パッチテスト、オススメします♪

2017年5月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Jasmine