「シンドバッドの冒険」来客御礼&写真解説

8月6日に開催された水戸黄門まつり@南町一丁目タウンフェスティバルにて、茨城では初となる、ストーリー展開のベリーダンスショー「シンドバッドの冒険」を初上演致しました。

たくさんのお客様におこし頂き、大変感謝致しております。

このお祭りには、今年で5回目となる参加でした。

南町一丁目商店会の皆様、今年も本当にありがとうございます。

次回の「シンドバッドの冒険」は、秋か冬に開催予定の「ヴァイオリンコンサート&ジャスミンベリーダンスショー@生涯学習センター小美玉コスモス」にて上演予定です。

今回見逃してしまった方、ぜひ次回は見にいらして下さいネ♪

ビデオを見返すとお客様の声が入っていたのですが、感動して感極まったお声が入っておりました…☆(ありがとうございます♪)

※以下は「シンドバッドの冒険」の写真掲載と解説になりますので、次回までお楽しみにとっておきたい方は、見ない事をおすすめします。

 

 

 

 

 

~「シンドバッドの冒険」ギャラリー&解説~

 

1 Overture

お話が始まる前に上演される序曲。

金糸の赤い幕から、シンドバッドが登場します。

ステッキ(アサヤ)を使って、ジャズテイストで陽気に踊ります。

Overtureで、お客さんの注目を一気に引き寄せます。

 

2 砂漠の民の踊り

舞台は一気に物語の中に変わります。

夜の砂漠。月明りの下で砂漠の民の親子達が踊ります。

 

3 闇の戦士のナイトアタック

砂漠の民達が踊っていると、闇の戦士達が襲ってきます。

シンドバッドは民達を守るため勇敢に戦いを挑みますが、やられそうになってしまいます。

 

4 妖精現る

するとそこへ、一人の妖精が助けに現れます。

妖精がシンドバッドの剣に魔法をかけると、剣が青く光り輝きはじめます。

妖精から力を分けてもらったシンドバッドは、その剣で闇の戦士達を一気にやっつけます。

助けてもらった妖精にお礼を言うと、二人は仲良くなり、一緒に踊ります。

北欧の妖精伝説になぞらえて、6拍子のケルト音楽を使っています。

 

5 妖精達の踊り

仲良しになった妖精は、もう一人の仲間を呼んで、シンドバッドに妖精達の踊りを見せてくれる事になります。

シンドバッドは、妖精達の素敵な踊りを楽しみます。

 

6 冒険は続く

素敵な踊りを見せてくれた妖精達は、今度はシンドバッドをお城に案内してくれる事になります。

どんな出逢いが待ち受けているんだろう?

これからも冒険が続いていく事に胸を高鳴らせる、シンドバッドの踊りです。

バレエテイストをふんだんに取り入れた、エレガントスタイル・ベリーダンスの真骨頂です。

 

7 宮殿へ

妖精達に案内され、シンドバッドはお城に通されます。

 

8 姫君達の舞

すると音楽が鳴り始め、お城の姫君達がシンドバッドをもてなす舞を披露します。

ベールの美しいなびきと、ジル(フィンガーシンバル)の調べと共に、シンドバッドは姫君達の美しい舞を堪能します。

 

9 シンドバッドと魔法の剣&ドラムソロ

シンドバッドの前にお城の魔女が現れ、お城に代々伝わる魔法の剣をシンドバッドに授けてくれます。

シンドバッドはその剣を頭にのせ、バランスをとりながら踊り始めます。

最後は「冒険するシンドバッド」を表現した演目を、ユーモラスに踊ります。

お城の姫君達も、シンドバッドの踊りを楽しんで見ています。

 

10 Finale

最後に出演者全員がステージに登場します。

「裏打ち」の手拍子は難しいので、手拍子をしているダンサー達に合わせると良いと思います。

 

11 シンドバッドの唄

シンドバッドは

「ついに見つけたよ宝物

宝石や黄金じゃなく

旅の中で巡り会った

素晴らしい僕の友達」

と歌い上げます。

冒険で出逢った人々が、自分の心の宝物だと気付いたのです。

皆さんも、人生という名の冒険で、様々な出逢いや思い出を作り、心を宝物でいっぱいにして下さいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。