古代エジプトミステリー 隠し部屋!?

前回のブログはこちら:古代エジプトミステリー ツタンカーメンは女!?

前回のブログで、ツタンカーメンの黄金のマスクが「女性」だという事がお分かり頂けたかと思います。

では一体、その女性とは…?

そして、なぜ女性のマスクが使われたのか?

真相に迫っていきたいと思います。

 

この黄金のマスクの女性は…「ネフェルティティ」王妃がモデルになったのではないかという説が出てきました。

(Wikipediaより画像転載)

 

クレオパトラ7世・ネフェルタリ・ネフェルティティは、「古代エジプト三大美女」としても有名ですよね。

(「ネフェルティティ」の意は、「美しい者が現れた」だそうです。)

この画像の胸像(未完成)も大変有名で、現代の私達から見ても美しい女性だと感じる事が出来ます。

このネフェルティティは、ファラオ・アクエンアテンの王妃であり、ツタンカーメンの義母にもあたる御方なのです。

 

では、どうしてネフェルティティのマスクがツタンカーメンに使われる事になったのでしょうか?

まずは、ツタンカーメンの生涯をちょっと思い出してみて下さい。

彼の死亡原因はいくつかの説がありますが、19歳という若さで亡くなったと言われております。

あまりにも早い死で、墓や死者の装飾品等の準備が間に合わず、ネフェルティティに使う予定だったマスクを急遽彼に使ったのではないかと言われております。

 

その証拠に、ツタンカーメンの棺が眠っていた部屋が、ファラオの墓にしては狭い気がしませんか?

(Wikipediaより画像転載)

 

実は近年、日本の調査チームが入り、最新鋭の機器でこの部屋を調べた所、なんと画像にもある壁の向こうに「空間」がある事が発見されたのです!

つまり、このツタンカーメンの墓はもともとは一つの部屋で、後から壁を作り、2つに分けて使われている可能性が出てきたのです!

 

実は、まだネフェルティティの墓は正式には見つかっていないのです。

この壁の向こう側に、もしかしたらネフェルティティが眠っているのかもしれません。

ネフェルティティに関する情報が全く出て来ない所から見て、彼女の墓も歴史も、こうして隠ぺいしたかったのかもしれません。(Jasmine説)

 

いろいろと調査をするための許可をエジプト側から取るのに、すごく時間がかかると聞いています。

早く壁の向こう側の秘密を見てみたいですね♪

 

次回の記事はこちら:古代エジプトミステリー 一組のサンダル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。