パッチテスト初体験!

ベリーダンスに限らず、舞台に立つ人にとって、メイクやスキンケアは欠かせない物ではないでしょうか?

この記事が、皆さんの参考になればいいなと思います。

 

ジャスミン…皮膚科にて「パッチテスト」を受けてきました!

経緯は、春先に突然、顔・首に皮膚炎・かぶれ・肌荒れが発生し、皮膚科で塗り薬を処方されましたが思うように治らず、皮膚科の先生から「パッチテストを実施しましょう」と言われ、生まれて初めて「パッチテスト」を体験する事になりました。

「パッチテスト」とは、現在、自分が使用中のシャンプー・洗顔・ボディーソープ、化粧品類をパッチに取り、それを腕や背中に貼ったまま、48時間後に肌の状態がどうなっているかを調べるものです。

(私は腕に貼りました。貼っている最中は、掻いたりこすったり、入浴する事は出来ません。現在使用中の物にアレルギー反応が出た時のために、次に使用を考えている物も準備し、それもパッチテストを行います。)

 

結果は…なんと!?

長年使用している洗顔フォームと、花粉症のアレルギー用の目薬2種、舞台メイク用の紅を貼った部分の皮膚が赤くなっていたのです…

皮膚科の方が足してくれた、皮膚科でも販売しているノブの洗顔も、ミノンのボディーソープにもアレルギー反応が表れていました。

(同メーカーでも、ノブのスキンケア類、ミノンの洗顔には反応はありませんでした!)

その他、意外な事に普段メイク用のコスメ類に反応はありませんでした。

 

パッチテスト前に、看護師さんから「シャンプー、石鹸、洗顔、ボディーソープ等の洗浄系で、よくアレルギー反応がおきますよ」と伺っていましたが、正にそのような結果に…

アレルギー反応のある洗顔フォームで顔を洗い、アレルギーで目がかゆい所にアレルギー反応のある目薬を点していたという、正にアレルギーのレイヤー状態だったわけです…(驚愕)

更に、皮膚科で売っている程、肌に優しいメーカーで同じみの「ノブ」の洗顔に代えても、私の場合はアレルギー反応を起こす所でした。

 

パッチテストをしないと分かり得ない事ばかりでしたね…

当たり前ですが、アレルギー反応には個人差がすごくあります。

肌荒れがなかなか治らない、クマが濃くなった等のトラブルを抱えている方、もしかしたら私のようにアレルギーが原因かもしれませんよ!

パッチテスト、オススメします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。