「トレーニング」ではないヒモトレ

過去ブログ:「ヒモトレ」とは?

 

先日、水戸のNHKカルチャーで古関先生のヒモトレ講座があったので受講して参りました。

ツイッター等で交流はあったのですが、実はこの時が、古関先生との初対面となりました。

古関先生のお話を聞いて、より深くヒモトレを理解する事が出来ました。


 

*「ヒモトレ」と「トレーニング」は前提が違うという事

 

トレーニングの前提は

強化・大きく・増やす・加える・作る

これは、「足りない部分を補う」という考え方です。

 

ヒモトレ・バランスの前提

本来ある・整っている・整おうとしている

本来自分が持っている物を観察し、発見し、感受するという考え方です。

 

 

私なりにかみ砕いてみると…トレーニングが「美容液・お化粧」で、ヒモトレが「洗顔」かなぁと思いました。

普通だったら、洗顔からお肌の様子を観察し、自分に合った必要最低限の物でお手入れをする。

そしてスペシャルケアとして、今必要な美容液やエステを追加する。

その整ったお肌の上にお化粧を施す。

このような流れかと思います。

 

ある時、肌の調子が悪くなった時…この流れを無視し、自分の肌の声に耳を傾けず「あ、もっと美容液を塗らないと!」となり、更にお肌が酷い状態になったら…

トレーニングも、「重い物が持ち上がらないなぁ。もっと腕立てしないと!」と、身体の使い方や、実は負担がかかっている身体の部位に耳を傾けず、更に筋トレを重ねて身体のクセが常態化したり、最悪の場合怪我をしたら…

元も子もないですよね(涙)

 

お肌も、よく観察すれば余計なケアは必要なかったり、身体も、身体の使い方を見直したらそんなに筋トレは必要ない事に気が付くと思います。

まずは、お肌を整える事と同様に、ヒモトレで身体のバランスを整えていきましょ♪

 

現代に生きる我々は、たくさんの情報が錯綜し、昔ほど身体を使う事もなく、多くの人達が自分の心身の声に鈍感です。

ダンスは、その生活習慣が身に付いた身体を使います。

「表現」する時、心と身体が一体になる必要があります。

ヒモトレで心身のバランスを整え、踊る楽しさを味わって下さい♪

「ヒモトレ」とは?※5月28日改訂

「ヒモトレ」とは、紐(太さ4~6mmの丸紐)を使った、身体のバランスを整える事が主旨のエクササイズです。

 

ヒモトレ用紐(正規品)

通販サイト「まるみつ」:http://www.m-bbb.com/products/himotore.php

レッスンでは、100円ショップで手に入る紐とコードストッパーで自作した物を使います。

(※紐がつぶれたり細くなったら新しい物に交換です。)

 

数々の著名アスリートのバランストレーニングを行っている古関勲先生がヒモトレの発案者です。

左から3番目が古関先生。古谷先生(右から3番目)は古関先生に師事し、茨城でヒモトレを教えて回っている方です。

 

ヒモトレには

 

紐を使ったストレッチ方法

ヒモトレは、自分が本来持っている身体の能力を引き出してくれます。

紐がガイドとなり「正しい身体の使い方」が出来ます。

正しい身体の使い方が紐を使う事によって出来るので、普通のストレッチ法より効果が上がり、しかも簡単なのです♪

左のように、紐なしだとあまり上がらない手が、紐を使って伸ばすと、右のように後ろまで伸ばす事が出来ます!

(これは「肩」だけで手を上げようとしているため、あまり上げる事が出来ません。紐が、上半身・肩・肩甲骨など、全てが繋がっている事をガイドしてくれるため、自然と楽に手を上げる事が出来ます。)

 

身体に紐を巻くだけで効果のある方法

日本古来からある「たすき」「はちまき」と同様です。

紐を「たすき巻き」するだけで姿勢が良くなったり、しゃがみやすくなったり、お腹に紐を巻くと、重い物も簡単に持ち上げる事が出来るようになります。

また、精神が落ち着く作用もあり、目の前に飛んでくる障害物に過剰に反応する事がなくなったり、てんかん持ちの猫に巻くと落ち着いてくる効果などもあります。

これも、紐がガイドとなり、身体が本来持つ力を引き出してくれるのです。

日常生活中も紐を巻くだけで「正しい身体の使い方」が出来るので、歩く・座る・しゃがむ等の動作がいつもより楽に出来、だんだんボディバランスも整ってきます。

講師ジャスミンもヒモトレ愛好家達も、お風呂に入る時以外は、服の中に常に前後たすき巻き&腰紐巻きをして過ごしております。

筋トレにはしりがちな現代ですが、本来人間の持っている力・皮膚感覚は、びっくりする程すごいんですよ♪

(この文章を読んだだけでは「紐を巻くだけで?」と半信半疑の方が多いと思います。でも、誰でも実際に体感する事が出来るので、ぜひジャスミンベリーでヒモトレを体験してみて下さい♪皆さん驚かれていました!)

足巻きの様子。

5本指を開かせリラックスさせる事により、歩きやすく、つま先立ちもしやすくなります。また、足首に何重にも巻いた紐のおかげで足がポカポカになり、冬の床も冷たく感じません。

 

と、この2種類があります。

 

当スタジオでは、レッスンが始まる時、身体に紐を巻いてから紐を使ったストレッチを行い、その後にベリーダンスの技の練習や振付のレッスンが始まる形となっております。

紐なしで行うより、より身体が動きやすい状況で練習する事が出来ます。

また、身体のバランスが整えば、より美しく踊れるようになってきます。

 

「自分は身体がかたくて…」とお思いの皆様!!

身体は、いつ・何歳になっても変わる事が出来ます。

超簡単なヒモトレを体感してみませんか?

「え!自分の身体って、こんな事も出来るの!?」と感動しますよ!

そして、その素晴らしい身体を使って、踊る楽しさを味わって下さい♪

 

更にヒモトレについての記事はこちら:「トレーニング」ではないヒモトレ

海老原先生のブログに…!!

昨年11月、活動拠点を京都とし、世界中で公演を行っている「BATI-HOLIC(バチホリック)」の公演が池袋であったので、ジャスミン、見に行って参りました。

びっくりな事に、バチホリックのメンバーであり、タブラ奏者としても有名な「永田充」さんは、茨大附属の先輩だったのです!!

永田先輩と同級生であり、日立ケーブルテレビ「JWAY」やイベントの司会を務めていらっしゃるアナウンサー・大澤先輩からご紹介して頂いて知る事が出来ました。

永田先輩とパチリ☆

 

今回の公演は、日本のベリーダンスのパイオニア・海老原美代子先生のラブコールで実現したとの事で、バチホリックの演奏だけではなく、ベリーダンサーさん達とのコラボも見る事が出来ました。

和太鼓とベリーダンスの親和性は抜群でした♪

 

そして今回、私は初めて海老原先生の剣の舞を見る事が出来、とても感動しました!!

心の中で

「先生が日本にもたらして下さった剣の舞を、私も、これからも大切に踊って参ります。」

と思いながら鑑賞していました。

 

先日のベリーダンスフェスティバルの後、念願叶って海老原先生と初対面!!

後日、先生に連絡し、個人レッスンの日程を決めました。

参照ブログ:「初開催!Japan Bellydance Festival

それだけでなく、なんと!海老原先生がブログに、嬉しいお言葉と共に、ベリフェスでの私の事を紹介して下さいました!!

海老原先生のブログ

https://ameblo.jp/bellydanceebihara/entry-12374384408.html

 

ラインも交換し、そちらでも

「どんどん日本人の日本のベリーダンスを踊って、宣伝していって下さいね♪」

と、激励のお言葉を頂戴いたしました!

あぁもう…感無量です(泣)

ジャスミン、これからも本当に頑張ります!!

ベリフェスにて感動の初対面!!